社会保険労務士の仕事と収入です

MENU

社会保険労務士の仕事と収入です

社会保険労務士の資格があると、
高収入の仕事につけるというイメージがあります。

 

金融機関でその能力を活かしたり、
社労士事務所を開いたり、勤めたりできる資格が社会保険労務士であり、
労務管理や社会保険のスペシャリストです。

 

ただし、資格が仕事にどこまで生かせているかは人によって違いますし、
必ずしも高収入とも限りません。

 

社会保険労務士の年収を平均すると、
760万円になるというデータもあります。

 

この数字は、高収入とは言いがたいのではないでしょうか。

 

人によっては年収3000万円で働いている反面、
年収は450万円だという方もいるようです。

 

社会保険労務士の資格があれば自動的に収入が入るということはなく、
資格を活かしたどんな働き方をしているかが大事です。

 

一口に社会保険労務士の資格を持った人といっても、
開業労務士と、勤務労務士との差は待遇や年収もかなり違いがあるようです。

 

独立し、開業をしている開業社労士は高収入になります。

 

最初のうちは取引先企業が少なくとも、
徐々に顧客となる会社が多くなれば、
扱う仕事が多くなり高収入になるという形です。

 

社会保険労務士で、高収入の人が多いのは真実です。

 

けれども、社会保険労務士にさえなれば
全員が高収入の仕事をしているというわけではありません。

 

中小企業診断士の仕事と収入について