中小企業診断士の収入

MENU

中小企業診断士の仕事と収入について解説

中小企業診断士の資格を取得して、
高収入の仕事につきたいと考えている人は意外と多いようてす。

 

経営について外部の意見を欲している中小企業が、
中小企業診断士に仕事を依頼します。

 

企業の将来成長図や、
その実行のための助言をするという仕事です。

 

1年に1度の試験は合格することが非常に難しく、
たくさんの人が挑戦する有名な資格です。

 

通信教育や資格スクールの宣伝文では、
中小企業診断士の試験に合格すると年収1,000万円も夢ではない仕事につくことができると
記載されているようです。

 

中小企業診断士になったからといって
一律1000万円の仕事についているわけではありません。

 

また、年収1000万円を高収入とみなさない人もいます。

 

中には年収3000万円以上という人もいますが、
年収450万円くらいという人もいます。

 

高収入の人とは、自分の事務所を開いているという人に多いようです。

 

会社勤めをしている中小企業診断士が高収入かは、
会社の内容や待遇によって異なるでしょう。

 

企業によっては、中小企業診断士の資格を持っている人には
手厚い福利厚生を行っているようです。

 

中小企業にとって、現在の経済情勢はなかなかきついものがあります。

 

これからの日本の企業には、
中小企業診断士の資格を持つ人は貴重な人材です。

 

いい仕事につながる資格であるといえます。