医者の仕事と収入について

MENU

医者の仕事と収入について

高収入の仕事というイメージが定着しているのが医者の仕事ですが、
本当のところはどうなのでしょうか。

 

88万円が医師の平均月収、
ボーナスを含む推定年収は1,000万円だということが、
ある統計資料によるとわかるといいます。

 

実際高収入の仕事であることは間違いないようですが、
年齢や勤務状況によってその実態はかなり違うといいます。

 

まだまだ高収入には、国家試験にパスしたばかりの研修医の場合は当てはまらないようです。

 

研修医は月収10万円以下ということもありました。

 

2004年度からは国からの勧告によって、
30万円程度の月収がもらえるようになりました。

 

収入は突然上がるのは、
研修医を終えて一人前の医者になったときです。

 

だいぶ医者の収入としては、開業医になるか、
大学病院に入るか、民間の病院で勤務するかでも異なるといいます。

 

診療科によっても収入は異なるもので、ひとくちに医者と言っても、
歯科や眼科は低額の傾向があり、外科系が高収入の仕事となるようです。

 

医師として30代に入るころどんな形で仕事をするか変わるのが、
高収入になるかならないかです。

 

かなりの高収入の仕事になるのは、
開業医としてうまくいった場合です。

 

収が医者の仕事は50代からはそれほど多くなっていかないので、
場合によっては一般企業のエリートサラリーマンのほうが最後には高収入になることもあるでしょう。

 

社会保険労務士の仕事と収入