求人案内

MENU

男性と女性の求人案内について

男性でも女性でも、求人を探す人は多いようです。

 

求人情報をこまめにチェックして、
次の仕事を探してるという男性は多いようです。

 

求人情報の中には、男性を求めているのか、
女性を求めているのかわからないものもあります。

 

求人に男性のみ、女性のみという書き方は男女機会均等法違反になります。

 

この法律があるために、
男女どちらも採用可能な書き方しかできません。

 

男性が多い職場ですという書き方をしたり、
女性が活躍していますという書き方をすることで、
男性向け、女性向けのどちらの求人であるかを遠回しに表現することもあります。

 

男性でも女性でも、
どちらでも構わない求人ですよという書き方をしないと求人は掲載できません。

 

ただし、男性が活躍していますという表記をしている場合、
男性のみを必要としている場合もあります。

 

求人を出している会社としては、
男性社員を必要としているというわけです。

 

その求人に女性が応募することは可能ですが、
仮に面接までこぎつけても、十中八九採用されることはありません。

 

企業画側は、
採用しなかった時に理由を話さなくてもいいことになっています。

 

女性のみか、男性のみなのかは、
求人情報に目を通していけば何となくわかります。

 

求人を出した側が意図した性別ではない人が応募してきた時は、
書類選考や面接の早い段階で採用不可の連絡をすることになります。

この記事の関連ページ

男性向けの求人情報です
男性向けの求人情報です。やはり男性でないとなかなかたいへんな仕事も多いです。女性でも最近そういった仕事をしている方が増えているのも特徴です。
男性の求人と介護の仕事
男性の求人と介護の仕事についての記事ですので情報を得るために読んで下さい。あなたが介護について興味があるなら参考になると思います。
求人サイトで求人情報を探す
求人サイトで求人情報を探すのは最近の流行です。新聞や雑誌ではなく、ネットを使って求人を探している方はチェックしてください。
求人募集情報の探し方について
求人募集情報の探し方についての記事ですから興味があればこの記事をまずは読んで勉強すると良いかと思います。人気の求人サイトもあります。
転職フェアで求人情報を探す
転職フェアで求人情報を探す、ということをします。仕事をするなら必要なことなのでちゃんとしましょう。